2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

125EXCのラジエターガード!

Sponsored Link
2013年式の125EXC / 6DAYSには、購入時から純正のラジエターガードがついてるけど、ガードの太さ分だけフロントフォークとラジエター間のクリアランスが少なくなるもんだから、ハンドル切れ角が狭くて乗り辛いと思っていた。 KTMからは別途、軽くて薄いアルミ製の純正ラジエターガードも売り出されたみたいだけど、1万5千円と高いし、今更買う気にもなれない。 そこでモノはチャレンジ・・・ということで、今付いているラジエターガードを加工してみることにした。 早速やった結果がこの通り・・・(^_^) ※残念ながら加工する前の写真を撮り忘れてしまった(^^;)

ラジエターガード加工

要は、直径が1センチ位の鉄棒で出来ていたラジエターガードのフロントフォークと干渉する部分をプレス機で潰しただけ。

フロントフォークと干渉する部分

潰れた分だけハンドルの切れ角が増したので、今までよりは扱い易くなっているはず。

扱い易く

今度の林ツーが楽しみだ!!。  

めでたし・めでたし・・・(^^)

 

コメントはこちら

*

Return Top