2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

125EXCで2013 夕張EDに出場(前日編)!

Sponsored Link
JEC主催の全日本EDが夕張で開催されるというので参加してきた。 自分が参加したのは、全日本クラス(IA・IB・N)とは別に設けられた、中級者・初級者向けの承認クラス(B・C)のCクラス。 他のクラスと比べるとオンタイムの制限時間が長く、規定周回数も少なく、難所である川やエクストリームテストが無いのでまさに自分向き! とは言っても、ヌタ場やガレ場が多いリエゾンや、草やズリ山でのクロステスト、アップダウンの激しいエンデューロテストはすべて全日本クラスと同じコースを走るので、生半可な気持ちで参加すると思いっきり後悔することになる。 昨年来しばらくレースにも出ていないし、普段もほとんど走っていなかったのでどうしようか迷ったけど、せっかく近場で全日本が開催される機会だったので参加することに決めた。 で、((o(´∀`)o))ワクワク気分で何だかんだとやっているうちにレースの前日の朝になった! 今日は7月12日の金曜日。 平日だけど、先週の土日に仕事をしていたので、代休をとって朝からマシンの仕上げにかかった。 前後のタイヤを新品に履き替え、ライディングゼッケンを貼り付けた。 5 耐水紙でタイムチェックシートを作成し、45 バーパットにジップロックの入れ物も用意。50 タイムを計る防水対応の電波時計も取り付けて完成だ!60 早速マシンをトランポに積み込んで、夕張のレース会場へと向かった!71 13時頃に会場に着いたら既にかなりのチームがテントを張っていた。 73 ヤマハのチームは一番目立つところにテントを設営していた。 80 奥に鈴木健二選手がいた。 90 旭川のZIPのテントにはKTMが格好良く並べられていた! 100 ランキング2位の太田選手のテントもあった。 110 自分達のピットの場所を確保して、マシンの給油や注油、空気圧の確認を終わらせてヒマをしていたら、14時頃になって受付を始めるとのアナウンスが流れたので、早々と済ませることにした。130 151 ウエアラブルカメラの装着は、以前は5,000円ほど支払う必要があったと記憶していたけど、今は届け出だけで良くなったみたい。 153 受付を終えた後は車検だ! 検査員が暇そうにしていたので、「マシンを車検に持ち込んでいいですか?」と聞いたら「いいよ」との返事! 155 早速、125EXCを車検に持ち込んだ! 180 検査員はためらいなく新車同然の我がKTMにペイントを塗った! 190 お~ぉ・・・いたわしや我がKTM(ノ_<。)ビェェン 195 ヘルメットもレース規定にあったものかどうかを確認したあとに車検合格シールが貼られた。 210 一通り車検が終わるとマシンに計測用のトランスポーターが取り付けられた。 220 230 あはは・・・パルクフェルメにはまだ誰も車両を持ち込んでいないみたい。 235 レースでは一番をとれそうに無いので、せめてこれくらいは・・・ということで一番手で持ち込んだ(*^_^*) 240 その後どんどん車検に受ける人が増え始めた。 260 270   ここで車検時の様子を動画でご紹介! ピットを見渡すと、車検前の保安部品の整備をする人達や・・・ 280 300 ゆっくり会話を楽しむ人たち・・・ 400 夫婦で読書をする人たちがいた! 410 17時近くになると、鈴木健二選手のWR250Rを始め、ほとんどの車両が車検を終えてパルクフェルメに納められていた。 420 18時に開会式が始まった! 440 夕張市長は多忙のため、我が社から夕張市に派遣されている職員が、市長代理で来賓挨拶をしていた。 460 MFJからも来ていた。 470 その後、畑競技監督によるルート説明や 471 タイムスケジュールなどの説明を受けて開会式とミーティングが終わった。 472 自分は、夕食が20時までということだったので、早々とホテルに引き上げた。 480 ホテルの夕食はバイキングだった。 490 夕張メロンが食べ放題だったので2切れ食べた! 500 ズワイガニも食べ放題だったけど手をつけなかった。 510 毛ガニならともかくズワイガニだし、内陸のこの辺のホテルで出されるとすれば、かなりしょっぱい(塩ぽい)に決まっている・・・(^^;) 520   この日は、満腹になって、部屋に戻ってTVを見ていたらいつの間にか眠ってしまった!!  

レース1日目につづく

コメントはこちら

*

Return Top