2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

ジャンクセローのレストア日記(CHAPTER-3)

Sponsored Link
例のジャンクセローなんだけど、毎日、帰宅後に少しずつイジってたので、その様子をご紹介!! まずはエキパイのボルト交換から・・・(^_^;) このジャンクセローのエキパイは変な止め方がされていた(^_^;)???   ぴったりのボルトが見つからなかったのか・・・(^^;)? 試しに新しい純正のボルトを入れてみたら奥まで入らない・・・穴の奥でネジ山がつぶれているようだ(^^;) 10   早速、タップでネジ山を切り直した!! 20   上手く奥までボルトが入るようになった!! 30   ついでにタペットカバーのボルトも純正品に交換。 40   次にフレームのステップのところに付いているステンレスカバーの取り外し! ペンキがベッタリ付いているので、他のフレームから奪ったパーツと交換だ。   50   前のオーナーが無理矢理はずそうとしたのか、ネジ山がナメっていたので、鉄鋸で溝を切った。 60   がっちりロック剤が付いていたけど、マイナスドライバーで力任せに外した。 70   暗くなったので外での作業を終了し、家の中で先週サビ取り剤に漬けたパーツをそろそろ取り出してみることにした。   80   う~ぅん..何とかサビが落ちているみたい。 色付きの物はあとでペイント補修するだけだ!! 90     BLOG上の時間が経つのは早いもので、突然次の日の作業だ!! 秘密基地からセローのパーツ類を引き出してきた! 100   エンジンブラケットは汚いので交換することにした。 110   これが手持ちのパーツだ! 120   ほんの少し見栄えがよくなった! この辺は気分の問題だ!! 130   次はフロントホイールを外してフォークにゴムブーツを履かせる作業だ・・・!! 140   ・・・と思っていたけど、いつの間にか汚いフレームを何とかしようと、自家塗装用の新聞紙を巻いている別な自分がいた!! 150   前所有者はサビの上からペイントしているので、塗装がガタガタだ。 しかも既にサビが浮いてきている(^_^;) 160   なのでヤスリで塗装ごとサビをはがすことにした。 170 180 190 200   で、その上からスプレーで再塗装だ! 210   前よりは良い感じになった(^_^;) 220   230   240   手持ちのワイヤー類はお古がたくさんあるので交換する。 250   アクセルワイヤーがサビていたので、良さげな中古ワイヤーを選んで交換することにした。 260   シルバーにペイントされたサイドスタンドのスプリングは新品に交換した。 270   欠品だったスタンドの止めゴムとチェーンガイドを付けた!! 280   スタンドに前オーナーが塗ったペンキのしずくがついて汚ないので・・・ 290   塗り替えた!! 300   きれいになった!! 310   ここまで来たら止まらない・・・(^_^;)   ついでにフロントのブレーキマスターも塗装した!! 320   欠品のホーンも付けた!! 330   オーバーホールが終わったキャブが届いたので・・・ 340   付けた。 350   フロントタイヤは、ビードストッパー付き、強化チューブ入りの手持ちのものとホイールごと交換した。 タイヤはミシュランのコンペⅢだ!! 360   アクスルシャフトは5MPの物と交換した。 5MP用は割ピンがいらないのでとても便利だ!! 370   ついでに新品のディスクガードも付けてみた! 390   フォークブーツや新品のディスクガードを付けたらセローらしくなってきた!! 400   塗装し終わったパーツから、お助けバーを取り出して・・・ 405   フロントフォークに付けてみた!! 410   メーターとインジケーターも付けてみる。 420   それらしくなってきた・・・エンジン始動、保安部品の作動状況確認までもう一歩だ・・・(*^_^*)/ 430  

次回に続く(*^_^*)

コメントはこちら

*

Return Top