2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

FREERIDE250Rで西の方に行ってきた!!

Sponsored Link
時は2015年5月のGWの真っただ中!! いつものおっさん4人で西の方に出かけてきた。 本当は近間が良かったんだけど、デブデブがどうしてもジェットコースターに行きたいというので仕方なく出かけることに(^^;) 10   デブデブは昨年独立して電気会社を立ち上げたばかり。 超忙しい中、何とかやりくりしながらやってきた(^^) 30   ハーシーさんは実家から今日の朝一(午前1時)で八戸から帰ってきたばかり。 家に帰らず苫小牧の港で仮眠して直接ここにやってきた(^^;) 40   で、まず行ったのがここ! どってこと無い作業道だけど、路面が火山灰でフカフカなので難しい。 42   案の定、自分は1度目の登りで失敗。朝っぱらから大汗をかいた。 皆んな上で待っているのでどうしたもんかと横から観察! 45   大したことないように見えるけど、下から見たらマジ上れるのかと疑問に感じるくらい勾配がキツくしかもフカフカ・ザクザクだ(^^;) 50   2度目はローで右側の平坦なところから思いっきり加速をつけてレブらせながら何とか上りきった。 前回、FREERIDE250Rだとセカンドでどこでも行けちゃうって書いたけど、ありゃうそだったので訂正!! やっぱりローで無いといけないトコもある(^^;)。   で、次なる場所へ!! 60 100   ここはデブデブがリクエストした超イヤらしい場所! 120   昨年経験した自分の印象はもう二度と来たくないという感じだった。 イヤらしいV字の下りと上りがあり、上りを失敗したら途中からのやり直し(押して上る)が出来ないのでドッと汗をかく。 下まで降りてそこから上手く登り切れるかは本人の腕次第だし、上りの途中に丸太がある!! 140   昨年来たときはエィ・ヤーで丸太を越えたけど、今回はかなり段差がありそうでプレッシャーがかかる。   145   ハーシーさん何とかクリア! 150   自分は思いきって突進したけど、いざ丸太を目前にしたらアクセルを戻してしまっていた。 右にエスケープラインが有ったので”ホッ”としてそこを通って何事も無かったように次に進んだ(^^;)   しかし一難去ってまた一難!! 160   次なる試練が待っていた。 180   自分は何のプレッシャーも感じずに進んだら途中で失速してやり直すことに!! 丸太の場所を通過してホッとしたので気が抜けてしまったようだ。   失敗した後に気がついた!! 実は昨年もここで同じ過ちをおかしていた(^_^;)   仕方ないのでマシンを下までおろしたけど、ここでFREERIDE250Rの良さを実感した。 軽い。とにかく軽い。350に比べて圧倒的に軽い。 坂の途中で難なくマシンの切り返しが出来る。   自分が求めていたのはこんな時(失敗したとき)でも体力を消耗しないで扱えるマシン。 今年はFREERIDE250Rで来て良かったと思った。     で、一汗かいたのでタラの芽畑でダラ~っと休憩。 185   休憩している間に複数のバイク連中が目の前を通っていった!! 190   210   220     で、次なる場所へ!! 240   250     きれいな景色を見ながら・・・ 251   適当に進みます!! 252   おのぼりさん連中なので上りを見つけると果敢にアタックします。 280   282   285   290     で、疲れたので次はヤマの中に入ることに!! 292   294   522   525   530   550   最後は仕上げのセクション!! 556   ここは大きなV字の谷。 570   ヨシさん一発目失敗!! 572   デブデブは持ち前のトラクションと2スト250ccのパワーでいとも簡単にクリア。 574   自分は見てるだけのつもりが「あ~だ・こ~だ・・・」と急かされて、結局やらされることに! 575   往路の上りは昨年何回か経験しているのでプレッシャーはかからないけど・・・ 576   578   復路が心配!! 579     580   581   582   格好はともかく・・・ 583   584   585   で・・・・・・・・・・ 600

< FREERIDE250Rのこと >

このマシン本当に凄い。 何よりのお気に入りはどんなところでもモリモリ進んでくれること。 エンジンに粘りがあるので負荷がかかっても止まらずに進んでくれる。   リクルス付なのでギアの選択を間違わなければ面倒なクラッチ操作に気を回さなくて良いし、ストールしそうになったらいったんクラッチ握ってパツンと離してやると、回転が上がってぶっ太いトルクが戻る。 普通だとこんな時はフロントが浮いてマシンを放り投げるけど、リクルスが適度な半クラ状態でトラクションを維持してくれるので、前乗りティ的な体重移動に気をつけていれば、そのまま何とかクリアできることが多い。 ビーラバーのタッキーを履いているので、このタイヤのおかげも相当あるんだと思うけど、それにしても良く進み良く上る。   笑われるかもしれないけどこのバイクに乗っているとどこでも行けそうな気がして超楽しい。 とっても良いマシンだ!!  

<  お ま け  >

コメントはこちら

*

Return Top