2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

FREERIDE250Rのプチメンテ!

Sponsored Link

買って間もないFREERIDE250Rだけど・・・
10
一緒に行く相手が悪いのか?15

それとも行く場所が悪いのか?

16

17

はたまたノコノコついていく自分が悪いのか...?
変な連中と変なところばかり行ってるせいか・・・

家に帰ってからエアクリをみたらこんな感じで・・・

20

下にもメッコリ枯れ葉が詰まってる(^^;)

30

 当然、きれいな物と交換したけど・・・しっかりエアクリーナーの役目を果たしているようだ!!

50

で、ふとリアホイールを見ると、木っ端がホイールとタイヤの間にメッコリハマってなかなか取れそうに無い(>_<)

55

 仕方が無いのでいったんエアを抜いて、タイヤレバーでビートを押しつけながらピンセットで取った。

60

 直進会と称して獣道を走らずとにかくヤマの中をまっすぐに進むもんだから、倒木でマシンを倒すし、狭い立木にマシンをぶつけたりで、気がついたらこんな感じになる始末。

70

どこでぶち落としたか分からないので拾いに行くことも無いけど、無理矢理引きちぎられたウインカーのリード線がショートしてバッテリーがいかれないよう、テープで絶縁だけはして帰ってきた。

自分の場合はリアのワレンズが無くなることが良くあるけれどフロントのウインカーを無くしたのは初めてだ!!

でも大丈夫!!

秘密基地にはこの日のためにストックがある。

72

 同じコネクター付の物があったので・・・

74

 ナットを外して付け替えるだけで・・・

80

元通りになった!

90

 FREERIDE250Rを買ってから気になっていたのがこれ!!

100

 今回もエンジンをかけたらキャブからポタポタお漏らしが始まった!!

110

林道だとキャブのフロート室をドライバーの柄でたたいたり裏蓋を開けてガソリンと一緒にゴミを流してしまったりするんだけど、今回は自宅でメンテ中だったし、めんどいのですぐさまディーラーに持ち込んだ!!

キャブを外して中を見たら、小さなゴミ(2mm四方程度の枯れ葉?)がフロートに引っかかっていたようだ。

 で、直接今回のオーバーフローとは関係ないけど、もしものことを考えてガソリンタンク側に対策をしておくことにした。

それがこれだ!!

120

燃料フィルターなんて自分は絶対使うことが無いだろうと思っていたけど、混合ガソリンを作ってるうちにゴミが混じったり泥が入り込んで、ガソリンタンクの底にたまることが良くあることが分かったので、大金はたいて買ってみた。

130

 当初、FREERIDEに合うかどうか分からなかったけど、入れてみたらぴたりと納まった。

140

これでガソリンタンク側からキャブにゴミが入る心配が無くなったので一安心だ!!
ついでに前からやろうと考えていたお助けベルトをつけることにした。

200

フロント側は簡単だ!!

このベルトはタイダウンベルトの余った部分を切ってWR250Rに乗っていた頃から使っている物。

結構丈夫なので重宝している。

210

問題はリア側をどうするかだ?

220

 轍や泥沼からの脱出はこれが無いとしんどいし、用が足りれば良いので、見た目は気にせずとりあえずこんな感じで付けてみた。

230
で最後はこれだ!!

300

リクルス付きなのでフロントブレーキが折れるとやっかいなことになるし、クラッチ側も折れないことに越したことは無いので付けることにした。

310

320330 340

350360

こうして何とかプチメンテが終了した!!

550

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 西明石のジュン坊さん、ありがとうございます。
    こうしたコメントをいただきとても励みになります。

    自分はいい年こいているので、「今しか出来ないこと。」、「今やっておかなきゃ後々後悔すること」って考えてみたら、これしか無いっていうところに行き着きました。

    バイクは仕事の上下関係も関係ないし、年齢差も関係なく楽しめる。(でもそれだけにバイクを離れると人間関係はほとんど切れてしまいますけど…)。

    特にオフロードバイクは、ヌタヌタや轍、川渡り、激坂や激下り等々、数十メーターごとにシチュエーションが変わるので、その場面ごとにハラハラ・ドキドキしながらチャレンジして難なくクリア出来たときの達成感、失敗して汗をかき仲間の助けを借りながら切り抜けたときの徒労感、それでも何とか切り抜けられたという達成感、こうした相反するような意識の連続を感じられる趣味は今までに経験したことが無いので、自分にとってはとても新鮮で何物にも代えがたい一番の楽しみになってしまいました。

    自分が感じているオフロードバイクの楽しさが、ほんの少しでも皆さんの伝わればいいなぁっていう気持ちでブログを続けていますので、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

  2. By 西明石のジュン坊

    何時も楽しく 読ましていただいてますよー。
    バイクにかける 情熱 マメさ(単に たのしいから?)
    ブログに対して 几帳面 文章の上手サ 面白さ等で
    優しい 人柄を 想像できます。 今回は メッコリ
    と言う言葉が 関西にはないので 新鮮でした。

コメントはこちら

*

Return Top