2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

FREERIDE250Rまさかの水没!

Sponsored Link

7月のある日曜日のこと。

いつもの仲間が同じショップで知り合いになったグループと一緒に走りに行くというので、一緒に走らせてもらうことにした。

で...出かける朝にFREERIDE250Rを出そうと思ったら、エンジンの下から何かが漏れている(^^;)

オイ...オイ... これから出かけるのにそれは無いだろう(^^;)。

何かイヤ~な悪寒が背筋を走った(^^;)

1

エンジンの下を覗いたら、アンダーガードの上にオイルらしき物が溜まっていた形跡がある。

ああ...これはきっとブローバイのオイルがホースから垂れてきたんだろう...と勝手に自己判断して、そのままマシンをトランポに積み込んで出かけることにした。


集合場所に着いて準備をしていたら、S君がピカピカなセローをもって現れた!

2

あれれ、このマシンどうしたの? と聞いたら、今まで乗っていたセロー225(3RW)が10万で売れたので、Y君からセロー225WE(4JG6)を15万で譲ってもらったという。

225WE(4JG6)、別称「おんぶセロー」は、排ガス規制前の最終モデルなので歴代のセローの中でも人気マシンだ。

通常こんな安い価格で225WEをショップから手に入れることはムリなので、”良い買い物をしたね”と褒めてあげた。


メンバーが揃ったので林道に繰り出した!!

3
ここはいつもの火山灰の林道!

4

今日、オフデビューした新人は、早くもフカフカ火山灰の試練を浴びていた!!

6

7

相手チームのNさんが案内してくれたコースは、いつもと違い新鮮で面白かった!

8

9

11


初めてのオフなのに良くついてくるなぁと思っていたら、彼の場合は難所を全て代走に任せているみたいだった(^^;)

13

それにしても良い景色だ!!

15


あれこれしてる間に自分が嫌いな「川」に着いた。

16

雨で水嵩が増しているので、真ん中のラインは深くてダメらしい(^^;)。

通い慣れているNさんグループはドンドン渡っていく!!

17

横から見ても結構水深がありそうだ!!

18

初めての場所だけど、いつもの川と変わらないだろうと思って川下に向かって進んでみた。

19

で、向こう岸に渡ろうと右足を川底に着けたとたん・・・前輪が浮いてフロントタイヤが流された(^^;)www。

ひえ~ぇ... 助けて~ぇ... とっさにマシンを引き戻そうとするも、川の流れがキツくて戻せない。

20

運良くNさんのグループの人が助けてくれた。

助けてもらえなかったらマシンはもっと川下に流されていたかもしれない...(^^ 汗

21

22

冷や汗がドッと出た!!

23


マシンを地面に上げてセルを回したけど、ボシュシュ・ボシュシュ・・・といってエンジンがかかる気配は無い。

どこからか”マフラーから水を抜いてみては?” という声があったので、マシンを竿立ちにしてみたら、マフラーの口からドボ・ドボ・ドボ・・・と水が出てきた。

今度はプラグを外してシリンダーから水を抜くことになったんだけど、プラグを交換した経験が無い自分にはどうやってプラグを外すのか良く分からない(^^;)。

結局、タンクを外してプラグを取り替えることに!!

それからマシンを裏返しにして撮った写真がこれ!!

24

リアタイヤを回したら、ジュボ・ジュボ・ジュボ・・・といいながら川の水が出てきた。

25

26

ある程度水が抜けたようなので、マシンをひっくり返して、新品プラグを取り付け、タンクを元に戻した。

この時またしてもどこからか...”キャブからも水を抜いた方がいい”...という声があったので、キャブの裏蓋を外して水を抜いた。


こうしてアドバイスを受けながら、無事にFREERIDE250Rのエンジンがかかり復帰することが出来た!!。


この時、交換用のプラグと工具はいつでも持ち歩く必要があるということと、KTMの工具は意外と使えるということを学んだ。

あまりにも暑いので美味しい湧き水を飲みに行くことになった。

でも目的地の寸前で道路が決壊していた。

27

28


仕方が無いので決壊した道路の脇の藪こぎをしながら、何とか目的地に到着。

29

S君は湧き水で頭を冷やし大声で叫んでいた(^^;)

30

31


自分も水没でアツくなっていたので、川でフテ寝した!

33

34

35


このあと帰路についた・・・

36

37

38

39

40

41

42

悪いことは重なるものだ!!

自分のFREERIDE250Rは帰る途中にクラッチが滑りだし、最後はロープで坂の上まで引っ張り上げてもらったりしながら、やっとの思いで帰ってきた(^^;)

43

コメント&トラックバック

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 大事にならなくて幸いでした。また、よろしくお願いします。

    • Nさん、その節は大変お世話になりました。
      水没するはクラッチ滑るはで自分にとっては魔の一日だった気がします。
      また一緒に走りたいと思っていますので今後とも是非よろしくお願いします。

  2. By 西明石のジュン坊

    2かさん 相変わらず 大作ですねー!! まるで実写版のマンガ(アニメ?)を読んでるようで…
    大変楽しましていただいてます。 雪が積もるまでに 思いっきり楽しんでください。

    • 西明石のジュン坊さん、こんにちは!!
      返事が遅くなってすみません。
      水没編はもう1台のネタがあるのでもう少し待っていてくださいね!
      これからもよろしくお願いします< (_ _)>

コメントはこちら

*

Return Top