2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

昨日の手仕事(その2)!

Sponsored Link
今回はトリッカーのAIを外してみることにした。
いつもならバイク屋さん任せなんだけど、そろそろ自立せねば・・・と自分でやってみることにした。
まずやらなきゃいけないのは、このシリンダーについているパイプを外すこと!
単に2つのボルトをレンチで外せば良いので簡単そうだ!
2本のボルトはすぐに外れた!
で、このAI本体を外せばOKだ!
ボルトを一つ外せば終わると思っていたら、オチがあった!
何と、さっきのパイプがシリンダーヘッドとがっちり共締めされていた(>_<)orz
手を抜いて何とかメガネレンチでボルトを外そうと試みたけどうまく行かない。
タンクが邪魔なので仕方なく外すことに!!
タンクが外れたので目的のボルトを抜いてみた!
そしたら何と(・_・)エッ......?
こんなに長かった(^_^;)
パイプを外したらシリンダーにポッカリ穴が空いた!
ここで純正パーツの登場だ!!
このフタは、ネットでは自作したりして1個2千円以上で売れているようだけど、何のことはなく純正品が452円で売られている。
さっきのパイプの先端と合わせてみたらピタッと合いそうだ!!
何とか上手く収まったみたい!!
で、作業はまだ続く!
今度はAIにつながっていたインシュレーター側のゴムパイプの先端をどう処理するか?!
インシュレーターにゴムパイプががっちりつながっていた!
たまたま古いパーツのこの突起にゴムキャップがあったことを思い出したので、引っ張り出してきた!
ゴムキャップは固かったけど、何とか引っこ抜いた。
で、何とかトリッカー本体のインシュレーターに差して作業を完了した!
で、最後はエアクリーナーボックス側の穴の処理だ!
この辺の作業は以前のWR/Rの時と同じで、またホムセンからイス脚のキャップを買ってきた。
これにボンドを塗って差して、念のためにタイラップで固定して、AI外しの作業が全て終了した!
余ったパーツってどうしたらよいのかな???
これだけでもまともに買うと6千いくらもするんですよ!?
おしまい(*^_^*)

コメントはこちら

*

Return Top