2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

WR250Rの化粧直しとプチ改造!

Sponsored Link
大した話題ではありませんが・・・(^^;)
今年の春に新車で購入したばかりのWR250R。
まだ1,600キロほどしか走っていないのに外装はボロボロ状態!
しばらくバイクに乗れない状態が続いていたので、この際思い切ってWR250Rのお化粧直することに!
そしてついでに延び延びになっていたフロントウインカーのLED化をすることにしました。

< WR250Rの化粧直し! >

まずはボロボロになった外装をどうするか?
一番やりたかったのはレアルエキップ仕様への変更。
 
HPを見たらやたらかっこいいです。 自分としてはとても気に入っているけれど、レアルのデカールはシュラウド等がブルーかブラック仕様のWR250Rに装着しており、何となくホワイトベースのものには似合わないような予感がする・・・?
プラスティック外装もかなり痛んで傷だらけなので、今回何とか一緒に揃えようとは思っていたけど、改めて青や黒フェンダーなどの外装を一式揃えると約2万円強。 レアルのデカールが3万円もするので両方買うと総額5万円を超えてしまう(^^;)
これではあまりにも高くなりすぎるので、悩んだあげく最終的にワイズギア製のストロボデザインを選ぶことにしました。
 
この製品は最初からWR250R用の専用外装樹脂にグラフィックスが貼り付けられているので、お金を用意して購入すればあとは取り付けるだけの超簡単仕様。
しかもフロントフェンダーやライトカウル、シュラウド、サイドカバー、リアフェンダー等が最初からセットになっているので、これ一つを買えばWR250Rの外装がもう一式揃うんです。
デザイン的に人それぞれ好みの問題はあるけれど、自分としては見栄えがキレイになれば良しなので、全然これでOKとします。
換えてみたらこんな感じになりました。

< ウインカーの取り付け! >

リアフェンダーを換えるついでに、以前から不評だったリアウインカーの位置もかえることにしました。(自分は気に入っていたのですが・・・)
 
まずは配線作業です。久々に半田ごてを握りました。 取り外しが簡単に出来るようにそれぞれの端子にギボシを付けて、配線もなるべく短くしました。
リア左側の出来上がりです。
リア右側です。
次に前から換えようと思っていたフロントウインカーをDRCのLED製に換えます。
 
純正ウインカーが付いていたブラケット部分はもう必要ないので、軽量化のために左右とも鉄鋸で切り落としてしまいました。
右側です。
 
左側です。
 

< 化粧直しとプチ改造の出来上がり! >

出来上がりはこんな感じになりました(*^_^*)/
何となく新車のようにキレイになったのでメッチャ嬉しいです(*^_^*)/

コメントはこちら

*

Return Top