2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

久々の3連休!

Sponsored Link
TSEが終わってから早一週間。 久々の3連休といこともあり土曜日はWR250Rの洗車とプチメンテ。 日曜日はガルル戦に出るアベ助の応援。 月曜日は単独でのフラット林道プチツーリングと贅沢な3連休を過ごしてしまいました(*^_^*)

< 土曜日・・・WR250Rの洗車とプチメンテ! >

土曜日は仲間から新得~鹿追方面の林ツーに誘われるも、1週間前のTSEの疲れがまだ抜けず、気持的にも全く余裕がなかったのでWR250Rの洗車とプチメンテの日になりました。
車庫から出してきたWR250Rは思っていた以上に砂だらけ!
WR250Rの洗車とプチメンテ
砂だらけ
砂だらけ
砂だらけ
砂だらけ
こりゃまた家の前を汚してしまうかも・・・と思いつつも、今さらトランポに載せて洗車場まで行くのもメンドイのでダートスコートを使って一気に洗い流してしまいました。
ダートスコートを使って一気に洗い流してしまいました
 
サイドカバーも外して綺麗にします。
ところでこのEXUPモーターは純正マフラー用の物なので、FMFのマフラーに換えてしまった今では無用のパーツ。 でもこのモーターを外すとメーターの電装系の警告灯が点きっぱなしになるようなので、これまでは仕方なく付けたままにしてありました。
 
でもようやく秘密のアイテムが手に入ったので外すことに決めました。
バッテリーもそのうち小さめのものに換える予定です。
 
洗車して、注油して、シリコンかけて記念写真を数枚撮りました。
正面からも写真を・・・と、カメラの液晶画面を覗いたら・・・( ̄○ ̄;)w???あれ?
 
右に比べて妙に左側のシュラウド部分が狭いではありませんか??? いつも見えているラジエターグリルを留めるネジも見えないし・・・(^_^;)
近づいてよぉ~く見てみたら・・・
 
見事にラジエターが凹んでました。 あんなに頑丈なガードを付けていたのに・・・ショックです。
 
さてどうするか? 凹んでしまったものは仕方がないとして、問題はここでシュラウドを外して凹み具合を確認するかどうかということ。 取り付け部分がかなり変形しているので、一度外すと今度は取り付けられなくなる可能性があるんです。(前のCRFの時がそうだった(^_^;))
でも見つけてしまった以上、このまま放っておいても気になって仕方ありません。 なので思い切ってシュラウドを外してみました。
 
うぅ~ん・・・結構逝ってます・・・でも幸いなことに水漏れはないみたい。 ラジエターガードも変形こそしていないもののかなり外圧が加わった形跡が見られます。 こりゃぁガードがなければもう少しグニャッと逝ってたかもしれません(^^;) >
とりあえずラジエターはこのまま使えそうなので安心。
問題はシュラウドやラジエターカバーが付けられるかどうかだったのですが、ボルトを留める取付部分の角度をペンチで正面に向けてやるだけで何とかOKでした。
 
でもさすがにシュラウド側にあるタンクのツメに引っかける部分は見事にちぎれきってました。 この程度であれば全然問題ないので見なかったことにすることに決めました(^^;)
 
しばらくレースに出る予定はないので保安部品とナンバーを付けて公道走行できるようにしました。 これで安心していつでも林ツーに出かけられます(*^_^*)

< 日曜日・・・ガルル第4戦の応援! >

外は前の日の夕方から雨・・・にもかかわらず栗丘ではしっかりガルル戦が行われました。
自分も一瞬出ようかなとは考えたものの、せっかく綺麗キレイにしたWR250Rを栗丘のマディで汚すのも忍びなかったし、これまたせっかく付けた保安部品を外すのもメンドかったので、やっぱり諦めてアベ助の応援に行くことにしました。
流石にこれだけ雨が降っていると参加台数は少なかったようで後から調べたら全部で49台でした。
路面はヌタヌタ・チュルチュルのマディ。でも雨が降り続いているせいか、ドロは粘土の固まりというよりはサラッとした状態で、バイクや靴にベッタリへばり付くような感じではありませんでした。
きっとこの雨が止んでしまったらその時こそタイヤでドロをこねくり回して田んぼレースのような超面白い状態になるのでしょうが、今回は見た目は以外と走りやすそうな感じを受けました。(・・・と言ってもそんなにヤワな感じではなかったですけど(^^;))
Cクラス(市販車クラス)に参戦したアベ助は泥だらけになりながら3時間目一杯頑張っていました。
そして応援が功を奏したのか前回に引き続き今回も優勝してしまいました。 いつもハマでこっそり練習しているせいか、ここ数ヶ月でかなり上達しているようです。
 

< 月曜日・・・WR250Rでフラット林道プチツーリング! >

月曜日はWR250Rに保安部品も付けたこともあり久々に単独でプチ林ツーに出かけてきました。
前日あれだけ雨が降ったというのに、この日はウソのように晴れ上がりプチ林ツーには絶好の天気となりました。
まずは自走でいつもの場所に着き何気なくタンクを開けてみたらガソリンが・・・(^_^;) てっきり満タンになっているものと思っていたのに・・・(>_<)!
背中に1.5リッターの携行缶を背負っているので入れなくともいいかな? とは思いましたが備えあれば憂い無し。 余計な心配事は出来るだけ減らしておくことが大事なので、そこから一番近い真○内のスタンドで満タンにしてから林道に入りました。
今回は単独走行なのでウッズ無しのフラット林道オンリー。 WR250Rに乗ってからは(・・・と言うより前からもだけど(^^;))ほとんど座りっぱなしでしか走ったことが無いので、なるべく立ち乗りで走るようにしました。
滝○からラ○マ○イに抜け1年ぶりに道道1○7号線から 旧道道恵○公○線に入ってみました。
途中、土砂崩れの場所がありました。
 
ここで引き返すべきか迷ったのですが、よく見ると2輪で通った跡があるじゃないですか。
なので一気に越えてしまいました。 こんなことは2年前だと絶対やらなかったのに、自分の変わりように少々驚きです(^^;)
路面は結構荒れているところや
 
路肩が落ちているところもありました。
 
そのあと茂一○林道に出て千○林道経由で千○林道に出ました。
 
チョモランマも健在でした。
 
何となく登って欲しいと言っているような感じがしたので一気に上まで登って一休み。
 
その後、水○林道から支○湖に抜けたのですが、ここがまた道路一杯に砕石を敷き詰めた砂利林道。
空気圧はTSEに出た時の0.8位のままで出かけてきたので、パンクを心配しながらこの状態がどこまで続くのかと思っていたら、何と最初から最後まで続いていました。
ガソリンを補給するために湖畔のスタンドでバイクを停めてサイドスタンドを出そうとしたらなんか変?
よく見たらサイドスタンドを留めているネジが1本無いではありませんか(∋_∈) どうやら先ほどの砂利砂利林道でネジが緩んで落としてしまったみたいです。
 
スタンドを停めているもう片方のネジはステップを押さえているのですが、これもまた緩み気味。 このままだと走ってる途中でサイドスタンドやステップを落としたりする危険性もあるので、持っていたガムテープでスタンドを縛り付け、さらにステップのネジも落ちないようにガムテープを貼って応急処置を施しました。
 
再び水○林道に戻り、砂利道を避けるために途中から水○連絡林道経由で雄○林道に入り、ちょこっと探索したあとに、漁○料から恵○湖の北側の林道を通って帰ってきました。
 
この日の走行距離は約240㎞。
 
レース続きで気分的に疲れていたせいか、久々の肩の張らないフラット林道で楽しい時間を過ごすことが出来ました(*^_^*)/

コメントはこちら

*

Return Top