2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

“新”ミニモト公道仕様化プロジェクト...CRF125F編!!

“新”ミニモト公道仕様化プロジェクト...CRF125F編!!

Sponsored Link

今年もまた”ミニモト公道仕様化プロジェクト”を組むことになった。

今回の教材はキャブ仕様最終型のCRF125F。

昨年手に入れたCRF100Fは、軽くて悪路でもそこそこ走るので、特に不満はなかった。

たまたま今年の雪漕ぎエンデューロの時に、参加ライダーがボタンを押してエンジンをかけているのを見て、“そろそろ自分もセル付にしたいなぁ“と呟いたら、隣にいたバイク屋の社長が、”CRF125Fがお店にあるよ・・・“という悪魔の言葉をささやいた。

昨年探したときには、道内をあちこち探しても見つからなくて、本州から3万円の送料を上乗せして、CRF100Fを引っ張ったのに、全然期待していなかった今回は、いつもの馴染みのお店にあるという。しかも最初から狙っていた125ccということで、まじラッキーな話だった!!

この種のマシンは人気が高く、個人売買が中心で、いつでも身近に出てくるわけではないので、見つけたときが買いだと思っていた。

たまたま、自分のCRF100Fに試乗したことのある、バイク仲間のデブデブが、“このバイクを手放す時は一言声をかけて“と言っていたので、グッドタイミングでレース場にきていた彼に、“まだ買う気があるのと?”と聞いたら、“即買うよ!!”という返事が・・・!!

結局、10分くらいのやりとりで、自分とデブデブとお店の3者がWIN・WIN・WINになってしまった。

ところで、CRF100Fと125Fとでは、車重が10㎏ほど違うし、エンジン構造もかなり違うようだ。それなりの覚悟はしていたものの、お店にあったCRF125Fのエンジンをかけてアクセルを回したら、いささか驚いた。
ブォ~ォ~ンといいながらモッサリと回転が上がるCRF125Fは、CRF100Fのアクセルの食いつきとは全然違って、セローのようだった。一瞬、選択を誤ったかな?と後悔するも、いまさらやめたともいえないし、きっぱり諦めることにした。

自分が欲しかったのはセルとフロントディスクブレーキ。

それと125CCの粘るトルクにも魅力があった。レースに出るわけではないので、スピードはいらないし、レースで写真を撮ったりコース作りの手伝いで、マシンに頻繁にまたがったり降りたりすることが多いので、セルはどうしても欲しいと思っていた。とにかくキックはメンドイ。

HTDEやHIDAKAROCKSの手伝いでは、公道を走らなければならないので、当然このバイクにも保安部品をつけることにした。

CRF125Fはセルを回すために最初から発電容量の大きなジェネレーターが付いているので、公道仕様化するには手間がかからない。CRF100Fのようなバッテリーレスでもないので、ホーンやウインカースイッチはセローのものが使えそうだ。ついでにセルスイッチもセローのキルスイッチ付のものに取り替えることにする。
メーターは自転車用のものをディスクにつけたマグネットで動作させるつもりだ。

レーサー仕様のCRF125Fにはフロントのブレーキスイッチが付いていないので、マスターシリンダーごとセローのものと取り替えることにする。ついでにクラッチ側もセローのホルダーに交換する。これでセローのレバー類が使えるようになるので、とても便利になるはずだ。

リア側のブレーキスイッチは、前回のCRF100Fと同じように、セローの部品を使って機械式で動作させる。

ライトカウルはライトユニット付のものを買おうとすると結構高い。オークションでXR100モタード用のものを探すけど、白色のライトユニット付きはなかなか出てこない。バラで売っているけど、個々に送料がかかるので軽く1万円は超えてしまう。

ストップランプは汎用品が1500円くらいで出回っている。これで十分だ。

冬に乗るつもりはないのだけど、もしもの時のために今回はキャブヒーターをつけることにした。デブデブの話では、前回の八剣山で使ってみた効果はまずまずのようだった。

バッテリーが上がってしまうと困るので、スイッチをつけることにした。お店に防水が欲しいと頼んだら結構値の張るスイッチが用意されていたのにはビックリ。

ハンドルはZETAにしたが、昔と違ってバーパットが付いていなかった。

仕方が無いので、手持ちの中古で間に合わせることにする。

ウインカーは一応手持ちがあるけど、新品をモノタローから取り寄せる。

あと必要なものは、ハーネスとリレーくらいか。

いつもの単純な作業だけど、あれやこれやと考えながら、プラモデルを組み上げるような感覚で楽しめるので、自分にはたまらない至極のひとときだ(^^)/

コメントはこちら

*

Return Top