2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

“新”ミニモト公道仕様化プロジェクト“CRF125F編”のその後2!!

“新”ミニモト公道仕様化プロジェクト“CRF125F編”のその後2!!

Sponsored Link

昨日から7連休が始まり、やることがないのでCRF125Fをいじることにした。

まずは前から気になっていた、フロントブレーキマスターの取付ボルトの交換。
どういうわけか、上と下のボルトが違っている(^^;

なので、上下ともKTMの余ったボルトと交換することにした。

ついでに、エンジンストップの仕様がレーサーと市販車では異なっているために、後からつけたセローのスイッチのオンとオフが入れ替わっている。
紛らわしいので、わかりやすくテプラで「ON」マークを貼ってみた。

次にネットで650円で購入したユニフローキャップ(ワンウエイ・バルブ)が、今日届いたので、早速つけることにした。

過去に何度も無くしているので、これまでの学習能力を生かして、キャップとタンクの蓋を、ボンドでホースにガッチリ接着する。

出来た。これでマシンを倒しても、タンクキャップのホースからガソリンがこぼれない(はずな)ので安心だ。

あとは先日、ホイールを外しているときに、突風で倒れて曲がったサイドスタンドの交換だ。

別に替えなくてもよさそうな気もするが、スイングアームに干渉しているので、走り出すとスタンドが上下に振られて、スイングアームの側面が削られるのではないかと、気になって仕方がない(^^;

面倒っぽいけど、既に部品が届いているし、この際一気に交換することにした。

外したスタンドを新品と比べてみたら、かなり曲がっていた。

驚くほど簡単についた(#^^#)

新品スタンドは、キズも汚れもなく実に美しい(#^^#)
しかし、今までのスタンドに慣れてしまっていたせいなのか、以前よりずいぶんと傾いて見えるのは気のせいだろうか(^^;

多分すぐに見慣れると思うので、あまり気にしないことにした(#^^#)

あと残っている作業は、右バックミラーの取付とオイル交換、デカール貼り付けくらいかな?
あ・・・ナンバーをもらいに行かないといけないや...(#^^#)

おしまい

コメントはこちら

*

Return Top