2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

リアのドライブレコーダーを付けてみた!!

リアのドライブレコーダーを付けてみた!!

Sponsored Link

先日、保険屋お勧めのドライブレコーダーを新たに取り付けたついでに、今までついていた古いドライブレコーダーを復活させたばかり。

今はフロントに二つのドラレコが付いているが、改めてリアにも付けたくなってしまった。

ネットで同じ形式のドラレコとモニター付のレーダー探知機をそれぞれ千円と3千円で手に入れ、アマゾンからドラレコとモニターをつなぐ3.6mのコードを2千円で取り寄せて準備が整った。うまくいけばリアのドラレコがバックカメラとしても使えることになる。
タイヤ屋さんで作業を始めるまで1時間以上待たなければならないというので、その時間を利用して、リアから運転席までの配線の取り回しをしてみることにした。

バックドアにドラレコを付けようとリアから配線を這わせてみたら、3,6mでは短くて当初考えていた場所にはモニターを取り付けられないことが判明した。ショック(:_;)
さてどうする?

このドラレコは単独で機能させることは出来るが、仮に単独で動作させるにしても電源コードを引っ張ってくる必要がある。

とりあえずリアの取り付け場所を確定させた。

自分が考えていたのは、あくまでもドラレコ+常時バックカメラとしての活用だ。

いろいろ考えたあげくリアカメラのモニターは運転席の上に付けることにした。

場所が決まればあとは簡単だ。モニターは下に取り付け部品がついているので、運転席の上からつるすと映像が上下逆になってしまう。なので取付部品の差し込みパーツをバラして、逆にして上から差し込んで取り付けたら何とかうまくいった。

夕方になってしまったので、コードの整線は天気の良い日にやることにして、とりあえず作業を終了した。

コメントはこちら

*

Return Top