2かにっき!

オフロードバイクでの山遊びを独断と偏見で書きつづっていきます

ミドリカブのパーツ!

Sponsored Link
昨日、バイク屋さんからミドリカブ改造のための部品を引き取ってきました。 まずは先日のドカ雪エンデューロで踏まれたテールランプのパーツです。
 
それとテレスコピック化に使うためのパーツです。 お店でパーツリストを見ながら相談してたら、これも・あれも・・・と言っている間に結構な量になってしまいました。
 
とりあえず、既に手に入れたCL50用のフロントフォークの傷んだパーツを取り替えて仮組みするとこんな感じになりました。
 
ゴムブーツを新品に替えたら見違えたように綺麗になるもんですね! 写真には写っていない青色のヘッドライトとライトステー、シルバーのフロントフェンダーは、現在、全てミドリ色に着色中。
この辺は超ド素人塗りなので、今は恥ずかしくて見せられません。 スプレーペイントは本体と同じホンダ純正のものを使うことにしました。 このペイント、頼んでから1週間くらいかかったのですが、どうやら外国から送られてきたようです。 今後どんな仕上げになるのやら・・・自分のことながらとっても心配です(^_^;)
 
次にブレーキ関係の秘密パーツです。 ・・・といっても公然の・・・ですが・・・右足+左手リアブレーキ化をするためにHONDAのEZ-9のパーツを手に入れました。
 
ワイヤーとレバーは別のスクーター用のものです。 安全のために、ブレーキを握ったときにストップランプがつくように機械式スイッチ付きのものを用意しました。
EZ-9は、自転車にしか乗ったことのない人でも簡単に乗れるよう、ハンドブレーキを左右に配置しながら、エキスパートライダーでも違和感なく乗れるようハンドブレーキ、フットブレーキ併用の二系統リアブレーキシステムを採用しています。 ミドリカブにこの方式を取り入れようと考えています。
HONDA EZ-9のブレーキシステム
イメージ 8
イメージ 9
導入したパーツを使って、最終的には出来ればこんな感じにしたいと考えています。 写真の上側が左手リアハンドブレーキ、下側がリアフットブレーキのワイヤーです。 一番の課題は、ハンドブレーキ用のワイヤーのアウターストッパーをどこに付けるのかということです。 信頼しているお店がきっと良い方法を見つけてくれるでしょう(*^_^*)/
 

コメントはこちら

*

Return Top